スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説『容疑者Xの献身』

見返してみると、なんだか映画が多いですね~
読んでないわけではないんですが、いっつもおんなじ様な小説を読んでるのでなかなか新しいものをオススメできないんですよ(汗)
福井晴敏さん作品、2回出してるし!!
なので、今回は東野圭吾さんの作品第2弾で。

2005年 東野圭吾
ストーリー:花岡靖子は娘・美里とアパートで二人で暮らしていた。そのアパートへ靖子の元夫、富樫慎二が彼女の居所を突き止め訪ねてきた。どこに引っ越しても疫病神のように現れ、暴力を振るう富樫を靖子と美里は大喧嘩の末、殺してしまう。今後の成り行きを想像し呆然とする母子に救いの手を差し伸べたのは、隣人の天才数学者・石神だった。彼は自らの論理的思考によって二人に指示を出す。

東野さんの作品はドラマや映画にもなっていて、有名ですよね
この作品も、映画化されました
でもやっぱり小説のほうが細かいところの設定とか、映画では描ききれないところが沢山あるので、小説を読むのが好きな人は小説で読んでみてほしいです(^-^)
推理物ってだけでなく、恋愛物としてもすごく素晴しい作品になってますよ
直木賞受賞も納得です!

ちなみに、ドラマや映画に出てくる女性刑事、小説では出てこないです(^_^;)
映画ではチョイ役だった草薙刑事とガリレオ先生との友情話、バッサリカットされているのがちょっと悲しい…

最後に…
PC★MAXというサイトでもブログを書いてます。
18禁ですが登録andブログは男女とも無料なので、是非遊びに来てくださいね~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

草薙刑事とガリレオ先生との友情話、この前の2夜スペシャルドラマ??でやってました^^;
なんでも映画化すると原作がかわってしまうことが多いので残念ですよね!
ワタシは小説より漫画が多いので、今年はてぃーさんに影響されて、漫画もいいけど本を読むようにしたいなーと、勝手に抱負。

そういえば柴咲コウが演じてた内海刑事が出てくるのはドラマ化が決まってからでしたね。
小説では「落下る」以降の登場だったかと。元々、ドラマの製作側から「女性の刑事を出したい」という要望を東野さんが取り入れて登場させるようになったとか。

ドラマはドラマで、女性の存在があるのでありがちな相棒系の話にならず効果的な演出だったと思いますけどね。

文章を映像化、映像を文章化、どちらも内容が変わってしまうのは仕方ないです、根本的に別物ですから
ただ自分の意見は文章のほうが好きです。登場人物の描写が細かい気がします、映像のほうはどうしても時間内に収め様とするのでカットされてる場合が多いので
映像は考えないで気楽に楽しめるので、こっちも好きなのですが
フリーエリア
プロフィール

てぃー

Author:てぃー
友達が沢山できるといいな!!
映画、小説好きな人からの感想コメント大歓迎です
全然関係ない話題でもおっけーです
(もし希望者がいれば)リンクフリーですのでお気軽に(^^)v

FC2カウンター
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。