スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ディープ・ブルー』

寒い日が続きますね
寝るときに足元が冷えて、ただでさえ寝つきの悪いてぃーはなかなか眠れないです
雪が降って底冷えするような地域だともっとつらいんでしょうね・・・

「水が怖いか?氷はもっと恐ろしい。一度世界を滅ぼした味を覚えているようだ」
それでも、氷よりももっと恐ろしいものがこの世にはあるのです。今回はそんなお話をご紹介

1999年 アメリカ
ストーリー:太平洋上に建造された巨大な海洋医学研究施設アクアティカでは、凶暴なサメの脳組織から新薬を製造する研究がわずかなエキスパートたちによって進められていた。だが研究を急ぐあまり、責任者であるスーザン博士はDNAを操作、その結果サメは巨大化しただけでなく高度な知能までも手に入れてしまった。やがて、太平洋に巨大な嵐が来襲。トラブルが重なり半ば水没した施設内には凶暴な殺戮マシーンと化したサメが侵入した…


鮫のパニック映画で一番有名なのは、やっぱり『ジョーズ』でしょうね~
で、この映画では、ジョーズくらいの鮫を、アクアティカの『飼育係』カーターが銛一本で仕留めてしまうところからスタート。
強すぎでしょ(汗)いいの?
その鮫は正攻法で巨大化させた研究用の鮫で、アクアティカの中では小型の部類だとか。
で、メインは遺伝子操作の巨大鮫。
登場人物は誰もが個性的で、主役??と思っていた人がいきなりバクッとやられちゃうのにはびっくり。

でも一番ぞっとしたのは、雪山での遭難から九死に一生を得たというラッセルの台詞
「どんな自然の驚異でも、人間の残忍さには遠く及ばない」
いわれてみると…有名どころのパニック映画でも、かなりの確立で人災が天災を上回るエピソードが隠れているような…
じゃあ、現実は???

最後に…
PC★MAXというサイトでもブログを書いてます。
18禁ですが登録andブログは男女とも無料なので、是非遊びに来てくださいね~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ディープブルー

コレは映画館で観た記憶があります。
「どんな自然の驚異でも、人間の残忍さには遠く及ばない」
確かに…現実でもそうなんでしょうか。
人間はコワイ生物ですよね…。
人類が人類を滅ぼすのも近い…!?
ちょっとズレる?ケド、温暖化による自然も猛威も元をたどれば人類の仕業ですし。

地球的には人間はいない方がいいはずです
大抵の動物は食べるために生きるために殺生しますが人間は快楽で出来ますから
酷いものです
フリーエリア
プロフィール

てぃー

Author:てぃー
友達が沢山できるといいな!!
映画、小説好きな人からの感想コメント大歓迎です
全然関係ない話題でもおっけーです
(もし希望者がいれば)リンクフリーですのでお気軽に(^^)v

FC2カウンター
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。