スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『カポーティ』

前回の『冷血』のところでチラッと出てきた映画を…
どちらも原作小説、映画とありますので、お好きな形式をセットで見たらもっと楽しめるんじゃないでしょうか
そういえば、DVDってセット売りしてたかも

2005年 アメリカ
ストーリー:何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。
1959年、カンザスで4人が惨殺される事件が発生。 作家トルーマン・カポーティは、死刑判決を受けた被告人ペリー・スミスに近づき、6年間に及ぶペリーへの取材を経て、衝撃の作品を描き上げる。その名は---「冷血」。しかしその後、彼は一冊の本も完成させることはなかった・・・。

カポーティを演じているフィリップ・シーモア・ホフマンがすごくリアル!!
本当のカポーティのことは写真とwikiでしか見たことないですけど、カポーティ本人!?と思ってしまうほどです

前回ご紹介の『冷血』を書き上げるために、カポーティは被告人に接近。インタビューのために信頼関係を築いていきます。
被告人のために、死刑の引き伸ばしの手続きを手伝ったり、親身に足しげく通ったり。
お互い不幸な幼少期を送ってきたもの同士、深く共感し友情すら芽生えるように。
小説も、情状酌量の可能性を匂わせて協力を取り付けます。

ですが、書いていた小説のタイトルは、『冷血』
そして小説の完了のために、早期の事件終結すなわち死刑執行を望むようになるのです

一体カポーティの本心はどこにあったのか。この映画を見たとき、てぃーはかなり混乱しました。
冷血とは、強盗殺人を犯した彼らなのか
あるいは、冷血にならなければノンフィクションノベルを書くことができないということか
その答えは…もしかしたらカポーティの最後の作品、『冷血』の中にあるのかもしれません

最後に…
PC★MAXというサイトでもブログを書いてます。
18禁ですが登録andブログは男女とも無料なので、是非遊びに来てくださいね~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございました(^^)ノ
お邪魔しに来てみたら、キリ番800取ってしまったので
嬉しくてご報告w

また、よろしければどうぞ♪

20歳の娘ゴチでした。。


「とりあえず生中でぇー♪」って言われて、何の事か聞いてみたら
生でナカダシしてって事だって(*´ー`)ノ 略語ムズィな。。


ちょっとしつけが必要だと思ったから3回ナカダシしといたぞ(。`・ω・)!!!

訪問ありがとう

訪問ありがとうございます。
最近は忙しくて、すぐにレスできないけど
必ずレスしますから、
これからもよろしくお願いしますねぇ!!
フリーエリア
プロフィール

てぃー

Author:てぃー
友達が沢山できるといいな!!
映画、小説好きな人からの感想コメント大歓迎です
全然関係ない話題でもおっけーです
(もし希望者がいれば)リンクフリーですのでお気軽に(^^)v

FC2カウンター
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。